【増大を助ける3つの食べ物!ちょこっと習慣を変えるだけ!】

想像してみてください。


日の光が差し込む寝室。起きて、下着の膨らみに触れてみると、

自信がなかったこと自分のペニスが、いつもより一回り、二回りも大きくなっている。

増大サプリを飲んでいる人も
飲もうかなぁ、と考えている人も
いやいや、別に必要ないし、と思っている人にも
平等に読んでほしい。

日ごろの習慣を少し変化させるだけで、あなたのペニス。
増大する手助けができます。

そもそも食べ物で増大はできるの?

ペニスは、スポンジ状の細胞組織である「海綿体」で構成されています。

性的な刺激によって脳が興奮すると、海綿体の動脈が広がり、ペニスの陰茎海綿体(スポンジ状の細胞組織)が血液を吸収し、硬化することで勃起します。

つまり、海綿体に血液が流入するように、血流を良くすることが大事。
血流を意識した食事をすることで、「増大しやすい体」になることができます。

しかし、偏った食生活や過度の飲食、喫煙のような生活習慣を送っていると、生活習慣病にかかりやすくなり、勃起不全を引き起こす可能性があります。

規則正しい食生活は気持ちにもよい影響を与え、増大効果も期待できる。

目が覚めて時計を見ると、8:00。
朝ごはんを食べる暇もなく、慌てて支度をして駅へ向かう。

満員電車にもまれながら職場へ行き、
仕事から解放されたら、ビールとつまみでお腹を満たして、ソファでうとうと。
気が付いたら朝。

毎日があっという間で、考える隙もなく、いっぱいいっぱいな毎日。

そんな生活をしていた人が、食生活を変化させただけで、
気持ちによい影響を与えることが分かっています。

  2011(平成23)年に内閣府が行った「食育の現状と意識に関する調査」で、朝 食をほとんど毎日食べると答えた人に朝食を毎日食べるとどのような良いことがあるか聞 いたところ、「生活のリズムがとれる」をあげた人が74.1%で最も多く、次に「体調が良 い」をあげた人が55.0%いた。規則正しい食生活を送ることは、健康にとって良いのみ ならず、人の気持ちにも良い影響を与えることがうかがえる

平成26年 厚生労働白書

私たちの体は、食べた物によって左右されます。

バランスをとれた食事をすることで、血流がよくなり、

ペニス増大にもつながることができるのです。

ペニス増大のための食事といえば、スタミナ料理を真っ先に考える方が多いです。
しかし、もっとも重要なのはバランスが取れた食事を摂る事です。

特に野菜や魚などの不足による栄養の偏りに気をつけましょう。
ペニスを大きくするためには血流を良くする事と、必要な栄養素を効率よく吸収できる体質にする事です。

ペニス増大に効果的な食生活

学校給食を変化させただけで、児童の問題行動が減少された例もあるほどです。

いつもの食事を変化させるだけで、理想の生活、ペニスを手にすることができます。
ということは、それを活用しない手はありません。

増大を助ける3つの食べ物!ちょこっと習慣を変えるだけ!

「一日三食なんてとる暇はないな」

「夜遅くまで仕事をしてるし、食事バランスなんて考えられない」

急に、健康的な生活に変更しようと思っても、大変ですよね。

習慣を変化させるために必要な日数は平均66日。

もちろん、複雑な行為をほど習慣化には時間がかかります。
習慣形成には、まず小さなノルマから初めることが大切。

いつも朝七時に起きていた人が、朝5時に起きることを目標にしても、達成できないのと同じです。

そんな人も習慣として毎日取り入れる簡単な方法をセレクトしました。

①夕飯に納豆を食べる
②白いご飯を発芽玄米にする
③付け合わせには卵を選ぶ


以下の文章で、「なぜ、この食べ物が増大に効果的なのか」を解説していきますにで、参考にしてください。


生活が整い、イキイキしているあなたを想像してみてくだい。

その姿は、未来のあなたの姿です。

①夕飯に納豆を

夕飯をビールとおつまみで済ませているのなら、それを納豆に変えてみてください。

納豆には、ナットウキナーゼという酵素がネバネバに含まれています。
ナットウキナーゼは血管内にできた血栓を溶かし、血液をサラサラにします。

納豆は、大豆に納豆菌を加えて、さらに発酵することで作られます。その過程で、納豆菌は数種類の酵素(たんぱく質)を分泌するのです。そのうちの一つが、サブチリジンというたんぱく質で、これが、いわゆるナットウキナーゼとよばれるものです。
このナットウキナーゼには、血栓を溶かす作用があることが証明されました。

大和薬品株式会社 納豆が防ぐ血栓症 

納豆がいいのは分かったけれど、なぜ夕飯に納豆なのか。
男性にとってうれしい理由を二つ紹介します。

①血栓が起こりやすい深夜から明け方の時間帯に効くから。

私たちは眠っている間に水分を補給することができません。
ですから、血流が滞り血栓ができやすくなる。
しかし、納豆を夜に摂取することで、寝ている間に血液をサラサラにしてくれます。

血液が固まりやすいのは就寝中。
という事で、納豆は夜に食べるのがいいみたい。
夜は、昼間に摂った成分を体の隅々まで届ける時間。その時に血液サラサラだと体中の細胞が元気になりますよね。

そして、パックの中でも納豆菌は増え続けてるから
新しい納豆よりも、賞味期限ギリギリの方が納豆菌が多いとか。

老けない女は知ってます。夜納豆のススメ。中日新聞プラス

②納豆に含まれるアルギニンは成長ホルモンの分泌を促すから。

寝る子は育つといいますが、成長ホルモンは、眠り始めて2~3時間後に分泌されます。
夕飯に納豆を食べることで、納豆に含まれるアルギニンが成長ホルモンの分泌を助けてくれます。

人は睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。納豆に含まれるアルギニンはその分泌を助けるといわれているので、やはり夜に納豆を食べることは理にかなっているのです。

テレ東プラス アンチエイジングには夜納豆⁉管理栄養士・堀知佐子先生インタビュー

いいことたくさんの納豆ですが、注意点が3つ。

①ナットウキナーゼは熱に弱いため、加熱せずに食べること。

②カロリーが高いため、一日1~2パック程がオススメ。
  (1パック50g=100kcal)
※毎食食べたら納豆だけで300kcal 脂肪に換算すると4㎏近い。

③納豆は常温にして食べるとアンモニア臭がすることも。冷蔵庫から出して時間を置かず食べよう。

せっかく納豆を食べても、栄養素を効果的に摂取できないのは、もったいないですからね!

朝、時間がない人も夜なら時間が取れますし、納豆ならお値段もお手軽です。

納豆の健康効果とは?おいしさがアップする食べ方とアレンジレシピ

②白いご飯を発芽玄米へ

発芽玄米とは、玄米に水を加えてわずかに発芽させたものです。
発芽させたことによって、玄米よりも栄養価が高いのが特徴。
中でもストレス軽減作用で知られるGABA(ギャバ)は、白米の約10倍含まれています。

このGABAがミソです。
GABAには抗ストレス作用があり、興奮を沈めたり、リラックスをもたらしたりする
成長ホルモンの分泌促進する役割を果たしています。

成長ホルモンの分泌を活性化することで、ペニスのサイズアップを図れます。

発芽玄米には、GABAが白米の約10倍、
玄米と比較しても約2倍
含まれています。

胚芽部分に含まれるグルタミン酸(アミノ酸の一種)が、
発芽に際して玄米中の酵素が活性化することにより、どんどんGABAに置き換えられるのです。

私たちの体内、主に脳に存在して、抑制系の神経伝達物質として
神経の興奮を抑える働きをしているGABAを外からも積極的に摂取することにより、
幅広い症状に対して効果を発揮することが分かっています。

1.血圧を正常に維持
2.腎臓・肝臓・膵臓の働きを維持、活性化する
3.脳への血流を良くし、脳細胞の代謝を良くする
4.成長ホルモン分泌促進作用
5.感情障害・不安障害の解消
6.血糖値の上昇を抑える
7.大腸疾患の対策
8.肥満防止効果

IN YOU journal 『玄米を食べる時に注意した方が良いこと。玄米のデメリットを解消した正しい玄米の食べ方とは?発芽~炊飯まで全自動でお任せの炊飯器「なでしこ健康生活」で健康を叶えよう!』

多くの効果が期待できる発芽玄米ですが、洗ってしまうと栄養素が水に流れてしまうため、
洗わずそのまま炊飯器で炊くといいでしょう。

③付け合せには卵を選んで

卵には、体づくりに必要な栄養素が詰まっています。
たんぱく質・ビタミン・ミネラルを豊富に含み、栄養的にも優れた食品の一つ。

卵に含まれる亜鉛には、精子の形成や性欲増進にもかかわっているため、
男性にはうれしい食品です。

卵黄に含まれる亜鉛は、なま卵でもゆで卵でも含有量に差はなく4.2㎎。
成人男性の亜鉛摂取基準として10㎎と出ていますので1日2個、たまごを食べるとよいでしょう。

亜鉛の1日の摂取基準2)3)

日本人の食事摂取基準(2015年版)では1日の摂取の推奨量は18~69歳の男性で10mg、70歳以上の男性で9mg、18~69歳の女性で8mg、70歳以上男性で7mgとなっています。

公益財団法人 長寿科学振興財団

卵を摂取する上で気になるのが、コレステロール。
コレステロール値が高くなると動脈硬化に繋がると考えられてきました。

しかし最近では、健康な人が卵を1~2個程度の摂取したぐらいでは、心臓病や糖尿病の発症リスクに影響しないことが、疫学研究により示されています。

動脈硬化学会声明 「コレステロール値、食事で変わらない」 生活習慣全般の改善を
血中コレステロールの7~8割は体内で作られ、食事の影響はもともと少ない。
また、食事から多く取れば体内で作る量が減らされ、逆に少なければ体内でたくさん作られるというように、血液中の量をコントロールする調整機能が備わっている。
厚労省は4月改訂の「食事摂取基準(平成27年版)」で、これまで18歳以上の男性で1日当たり750ミリグラム、女性で同600ミリグラム未満としていたコレステロールの基準を撤廃。同省栄養指導室は「基準を設定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため」と説明する。
日本動脈硬化学会も今月、「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」とする声明を発表、健康な人では制限は必要ないとした。

産経ニュース 2015.5.25


コレステロールは脂質の一種で、人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養素です。
不足すると血管が弱り、免疫力が低下、食欲不振、うつ状態になる可能性があります。

牛丼屋やうどん屋に足を運んだ際は、プラス一品に卵をセレクトしてみてください。

文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

簡単なのは増大サプリ

さて、最後に紹介するのは、増大サプリです。
増大サプリには先ほど紹介した、3つの食品と同じような効果が得られます。

代表的な成分として、

血液促進効果のあるシトルリン
成長ホルモンの分泌活性化するアルギニン
男性ホルモンを増やす亜鉛

全ての効能がそろっています。

しかし、これだけ飲めば大丈夫だという魔法の薬ではありません。
サプリメントだけに頼るのはなく、規則的な生活も心がけましょう。
あくまで毎日の食事を補助するものとして摂取するといいでしょう。

規則正しい生活で、増大と幸せを手に入れよう。

目が覚めて時計を見ると、6:00。
朝ごはんに発芽玄米を食べて、ゆっくり駅へ向かう。

いつもより早い時間の車内は、混んではいるがそこまでじゃない。

仕事を終わらせ自宅へ帰ると、妻と一緒に納豆を食べる。
そういえば、最近妻の肌がキレイになったような気が。

毎日があっという間だった日々から、健康的でゆとりのある日々へ。

英国リーズ大学の研究では、果物や野菜の摂取量を増やすと、
精神的幸福感がアップすることが分かっています。

食事と体と心は切っても切れない関係。
少しずつ、自分にできるところから食生活を変化させて、
増大と幸せを手に入れてください。

リンク・デ・ダイエット 世界最深健康・栄養ニュース 『幸せは野菜・果物が作っている⁉』